犬猫の毛皮に対する規制

2011/05/22

アメリカ

2000年に犬猫の毛皮の販売、広告、輸入全てを禁止しました。犬猫の毛皮が含まれたものが輸入されることを防ぐため、Fur Products Labeling条例を定めています。

EU

20110522_2.jpg

EU(欧州議会)は、中国からの犬・猫の毛皮を全面的に輸入禁止になりました。
犬猫の毛皮は別の動物の毛皮して、偽のラベルが使用されているため、消費者は犬猫の毛皮とは知らずに、購入してしまっており、中国の犬と猫約2百万匹がEUへ輸出されているという。

 EUは犬・猫の毛皮輸入を阻止するために、違法企業に対して厳重な懲罰を与え、犬・猫由来毛皮の審査と見分けについて情報交換する目的で2006 年からこの法案の作成に着手し、、2008年12月31日より施行されました。

  • コートを1枚作るために、少なくとも10頭の犬が犠牲になっている
  • コートを1枚作るために、少なくとも24頭の猫が犠牲になっている
  • 犬の毛皮のタグには、オオカミ、ソバキ、アジアジャッカル、グーピー、アジアオオカミ、コサックキツネ、中国アライグマ、フェイク、エキゾチック毛皮と記載されている
  • 猫の毛皮のタグには、家猫(Housecat)、野生猫、katzenfelle(猫皮のドイツ語)、ウサギ、ゴヤンギ、山猫と記載されている

台湾

台湾では2001年1月に犬猫の毛皮の生産、販売、食用としての売買を禁止しました。違反すると台湾300$の罰金になります。

フィリピン

日本へ猫の毛皮(コート、財布、ブーツ用)を輸出しようとしていた業者が1998年摘発されています。竹のかごに入れられた生きた猫が発見されており、これらの猫は地域の子供を使って野良猫を集め、猫を絞め殺す方法を教えていました。

オーストラリア

オーストラリアでは、2004年5月に税関での規制を改変し、犬猫の毛皮の取引を禁止しました。国が動いたのには、9000件の国民の意見が集まったためでした。

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
毛皮をなくすための運動の継続と、運動をさらに大きくするため、資金の援助をお願いします。

会員に登録する
メンバーになり一緒に活動してください!

真実を知る

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube

managed by RCMS