安井美沙子参議院議員が毛皮の商品表示について質問

2016/03/25

[いのちを消費するものの責任を考える]は日本女子大学 細川幸一教授を中心とする教育グループです。
立教大学のゼミの学生とともに、安井美沙子参議院議員に家庭用品品質表示法で毛皮製品が対象とされていないことを指摘、表示するよう働きかけを行ってくださいました。
 

家庭用品品質表示法は皮製品については表示を義務付けていますが、毛皮については対象としていません。毛皮は高級品であるというのがその理由のようです。しかし、毛皮動物の家畜化が進み、価安なものが出回っています。また、犬や猫が中国などで殺され、日本でアクセサリーなどの小物に使われているとの指摘もあります。 同法改正を目指し、立教大のゼミ生とともに安井美沙子参議院議員(民主党)を訪ね、立法に向けた活動をお願いしました。
細川幸一 安井議員twitter; https://twitter.com/nekoy…/status/705580569610956801/photo/1

いのちを消費する者の責任を考えるさんの投稿 2016年3月24日

働きかけを受け、安井議員は質問主意書を提出

▶ 質問主意書はこちらからご覧下さい。

それに対する政府の答弁が示されました。

▶ 答弁書はこちらからご覧下さい。



検討の素材としてはこれまでも指摘があったところですが(アニマルライツセンター以外からも含めて)、委員内での問題意識が希薄であったことが伺えます。
消費者庁、経済産業省へ意見を届けて下さい。
 
消費者庁 表示対策課(家庭用品品質表示担当)

〒100-6178
千代田区永田町2-11-1 
TEL:03-3507-8800(大代表)

経済産業省 商務情報政策局 製品安全課(品質表示担当)
〒100-8901
東京都千代田区霞が関1-3-1
TEL:03-3501-1511(代表)
同じカテゴリの記事

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
毛皮をなくすための運動の継続と、運動をさらに大きくするため、資金の援助をお願いします。

会員に登録する
メンバーになり一緒に活動してください!

真実を知る

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube

managed by RCMS