毛皮を売らないメーカーリスト

ザ ノース フェイス トレイルランニング・マウンテンから街着としてのタウンカジュアルまでライフスタイルに密着した機能的なアウトドアの代表ブランド
ジェイ クルー(jcrew) アメリカ東海岸生まれの人気ブランド。流行にとらわれず、さわやかでナチュラル。誰にでも、何にでも合わせやすい、モダンな感性を持ったアメリカンカジュアルを提案しています。世界的毛皮反対キャンペーンにより毛皮取り扱いを廃止した。
シャーロット ロンソン 2000年にスタート、ガーリーでシンプルなデザイン、セレブのニコール・リッチーも愛用、合皮ベルト・フェイクムートン多数あり。日本では毛皮の販売も一切廃止してくださいました!(2009/3)
ステラ マッカートニー 2005年春からはアディダスと提携し、女性のためのスポーツウェアライン「Adidas by Stella McCartney(アディダス・バイ・ステラ・マッカートニー)」を発表。また同年H&Mとコラボレートし、「Stella McCartney for H&M(ステラ・マッカートニー・フォー・H&M)」を発表、アンダーウェアからアクセサリーまでデザインしている。最近ではオーガニックな素材だけを使った化粧品のライン「Simply Stella」をスタートさせたほか、イギリスのクレジットカード「Coutts?イギリスのクレジットカード「Coutts credit card」のデザインも手掛けている。スポーツウェア「ナイキ」でも展開している。
ソレル アウトドア、(山)靴ブランド
snidel(スナイデル) ストリートフォーマルという大人向けだけど遊び心もあるというレディースブランド
ZIN KATO 日本の生地やレースを使った優雅なレディースファッションブランド。「ジン カトウ(ZIN KATO)」は加藤徹が2001年に設立。日本人ならではの繊細なもの作りに拘り、美しい日本の生地やレースを使い、非日常なロマンテックで優雅な雰囲気の服を、日常的でカジュアルで着易い服に落とし込んでいくということがブランドコンセプト。2004年からNYのCOTERIE展に参加。2005年からは東京コレクションでコレクションを発表。>2016年春のファッションショーの様子http://theimpression.com/zin-kato-spring-2016-fashion-show/
ZARA 世界的な阪大運動により一度No Fur宣言をしたものの、方針はあやふやでうさぎの毛皮を扱っていたが、2014年に改めてうさぎの毛皮を使わないことを含め、NO FURとすることを決定した。スペインが本社のindexグループ(※日本のINDEXとは全く別)であり、そのグループが持つすべてのブランドがNO FURとなった。

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
毛皮をなくすための運動の継続と、運動をさらに大きくするため、資金の援助をお願いします。

会員に登録する
メンバーになり一緒に活動してください!

真実を知る

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube

managed by RCMS