毛皮の写真・映像

生態系を脅かす毛皮産業-新潟県長岡市の毛皮業者の実態

01:57

2014/7/24、新潟県長岡市にあるアメリカミンク(特定外来生物)を違法に飼育している施設から、アメリカミンクが逃げ出した現場に遭遇しました。
※環境省へは通報済みです。
施設は基準に適応するものではないため、今現在も生態系を侵食し日本の貴重な自然が、壊されていっています。
新潟には、おこじょやイタチなどがいますが、アメリカミンクに取って代わられてしまいます。
さらに、アメリカミンク自身も、人間によって殺されてしまいます。(新潟県の税金で捕獲・殺処分が行われます。)
生態系、自然は、国民全員の貴重な宝物です。一業者の利益のために、現在それが壊されていっています。
法律に基づき、一刻も早く、環境省は飼育の中止命令を出して下さい。
■署名はこちらから
http://chn.ge/1nr10pf

YouTube上で見る。

このエントリーをはてなブックマークに追加

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
毛皮をなくすための運動の継続と、運動をさらに大きくするため、資金の援助をお願いします。

会員に登録する
メンバーになり一緒に活動してください!

真実を知る

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube

managed by RCMS