毛皮の写真・映像

ファッションのために犠牲になる命を救おう

03:16

「愛の反対は無関心」ノーベル平和賞を受賞したエリ・ヴィーゼルの言葉です。
そして、沈黙はファッションのための犠牲を肯定する行為です。
立ち上がれないケージに押し込められた犬たち、神経を侵され首が真横に曲がったままのキツネ、死んだ仲間の横で生きるキツネたち、殴り殺されるタヌキ、激しく回り続けるミンク、、、
1頭1頭が、ものすごい苦しみの中にいます。
私たちはデモや全国の同志のチラシ配布など真実を人に伝えていく活動を継続するによって、毛皮の輸入量を大幅に減少させてきました。
継続をしてきたからこそ減ったのです。
どうかどうか。参加して下さい。

日本の毛皮消費をゼロに!!!

■2015/10/17土曜日
■14:30集合 15:00出発予定
 1時間半強歩きます
■集合場所&解散場所:代々木公園ケヤキ並木道
 ベジフェスの横から出発させてもらいます。
https://goo.gl/maps/PaUVa
■ファッションに動物の犠牲はいらない。
これを訴えるため、おしゃれして参加して下さい!
(でも歩きやすい靴で。)

今も世界中で1億の動物たちが毛皮のために苦しんでいます。苦しむ動物たちのために、どうか参加して下さい。
http://www.no-fur.com/


※情報は随時サイトに追記していきます
※デモの時間は道路事情などにより変更になることが有ります、かならず直前にサイトやこのイベントページをチェックして下さい
※人以外の動物の参加はできません
※雨天決行 大雨中止


ーーーーー
Anti-Fur Demonstration 2015 Information
To put an end to the use of animals for fur!

This year marks the 10th year of the anti-fur rally. During this time the import volume of fur to Japan has greatly reduced. Even so, around 2 million animals have been sacrificed for the sake of Japanese fashion. Throughout the world this figure stands at 100 million. As the price and value of fur continues to drop, Chinese production is increasing.

Right now, these animals are suffering through the heat of summer in squalid conditions. Even within Japan, 1200 mink are suffering the same fate. And again this winter, many of Japan’s captive mink will be killed.


On the other hand, luxury fashion brands like Hugo Boss are finally being jostled by the wave of fur free sentiment. To further increase the size of our waves, and ensure our voices aren’t extinguished, your action is needed.

Animal sacrifice for the sake of fashion is unnecessary.
We won’t give up until we put a stop to this global waste of animal life.

Please attend this demonstration.

Day and time
2015/10/17 Saturday
14:30 Meeting 15:00 Departure
Walking time 1 hour and a half
Beginning and ending locations
Yoyogi Koen Keyaki Namikimichi (Yoyogi Park tree lined street)
Departure from beside Tokyo Veggie Fest
https://goo.gl/maps/PaUVa
Animal sacrifice for the sake of fashion is unnecessary.
Please check the website for information!
http://www.no-fur.com/

※Information will be updated on the website in the event of changes
※The route may be changed at short notice based on road conditions. Please check the site or event page in advance
http://www.no-fur.com/
※Non-human animals are unfortunately unable to participate
※The demonstration will proceed in the event of rain, however heavy rain may cause us to cancel the event

YouTube上で見る。

このエントリーをはてなブックマークに追加

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
毛皮をなくすための運動の継続と、運動をさらに大きくするため、資金の援助をお願いします。

会員に登録する
メンバーになり一緒に活動してください!

真実を知る

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube

managed by RCMS