カナダのミンクファーム あまりにひどい現実

おすすめ

5件のフィードバック

  1. 佐藤正人 より:

    その通り!

  2. みーみー より:

    あまりに酷すぎる逆の立場にたたないとわからないのか?来世で人間が動物たちに同じ事されるかもしれないね

  3. ヒヨコ大好き より:

    ぜひヒヨコにも救いの手を差し伸べてください。
    ヒヨコのオスは生まれてすぐに殺されます。ミンクの比ではありません。
    かわいい生まれたての命を機械的に殺処分する現状を変えてください。
    どうかよろしくお願いいたします。

  4. 松村昭博(Akihiro Matsumura) より:

    あまりにも可哀想です。酷い❗ミンクの毛皮はミンクが生きていくためのものでありミンク自身の命を守るためにあるのです。それを奪う事は動物虐待そのものです❗犯罪です❗重い処罰を受けさせるべきです。私たち人間は霊長類で最も優れているのならその技術や知識で動物たちを守らなければならないのではないのでしょうか?

  1. 2020/07/21

    […] 毛皮の使用が規制され始めているのは、毛皮が残酷だからだ。 中国1 2だけでなく、カナダ、リトアニア、フィンランドと各国でその残酷な実態が更新されつづけており、毛皮の製造過程は残酷1 2 3 4 5だという認識は、常識に変わりつつある。 […]

松村昭博(Akihiro Matsumura) へ返信する コメントをキャンセル

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。