海外の法規制:毛皮動物の飼育は禁止の流れ

おすすめ

5件のフィードバック

  1. thailandturdk より:

    毛皮は元から着ないのでいいのだが、この「動物愛護」の観点で行くとシルク、革はおろか、羊毛まで禁止となっていきそうな雰囲気はある・・最終的にフラックスリネンのような植物性のものか、ポリエステルのような化学合成のものだけが残るのだろうか・・?

    またキツネとウサギの毛を同時に禁止したわけだが、野生のキツネは野生のウサギを食べるのでキツネが殺されずに野生に放たれた場合、むしろそれがウサギや小動物などの別の生き物を必要として結局は動物間での殺し合いは激化するし、生態系も崩れてどうなるかわからない。収入がなくなったミンク工場にいたキツネたちを環境グループがすべて引き取るのか?もし引き取れない場合にはキツネは自分たちの食料さえも農家に供給してもらえず、野生に放たれるわけだが、その際ウサギを食い殺すことになる。環境保護なりヴィーガンの人々はキツネにもヴィーガンを要求するのだろうか?それこそ別の動物虐待ではないのか?この手の人たちは生態系への影響、そして肉食動物がほかの動物を食い殺しているということを考慮せずに環境問題に熱中していることが多い。もう少し広い視野で語ってほしい。

  1. 2020/03/12

    […] 多くの国でリアルファーのための動物の繁殖が制限されるようになっています。特に、犬猫のファーの輸入の禁止は当然のこととして進んでいます。 Vegan Fashion […]

  2. 2020/04/26

    […] オランダの2つのミンク農場のミンクが新型コロナウイルスに感染したことが発表されました。オランダ農業省によると、Gemert-BakelとLaarbeekの2つのミンク農場のミンクが呼吸障害を含む様々な症状を示し、通常より高い死亡率が記録されたため検査したところ、から新型コロナウイルス(COVID-19)が検出されたとのことです。農場の従業員複数名も新型コロナウイルスに感染しているとのことです。各農場周辺の道路を封鎖し、約400メートルをサイクリングや散歩しないように求め、また農場からの動物や堆肥を出すことは禁止されています。 畜産動物などを介して人間に再度流行が拡大することはないと現時点でオランダ政府は述べています。しかし、新型コロナウイルスは哺乳動物から人間へ、そして人間からミンク(哺乳動物)に感染したのではなかったでしょうか。人への感染がないということを断定するのは時期尚早のように思います。動物をケージに入れたり、拘束したりする飼育や利用から離れるべきではないでしょうか。なおオランダはすでに2024年以降の毛皮農場の禁止を決めており、現在は段階的廃止の移行期間にあります。https://www.dutchnews.nl/news/2020/04/coronavirus-identified-on-two-mink-farms-in-the-netherlands/ https://www.rijksoverheid.nl/actueel/nieuws/2020/04/26/covid-19-geconstateerd-op-twee-nertsenbedrijven シェアする […]

  3. 2020/05/13

    天龙私服一条龙服务端46uv.comQQ1292124634

    红月开服_十二之天(江湖OL)开服_倚天开服_dnf开服永恒之塔开区一条龙服务端40ie.comQQ1292124634

  4. 2020/10/31

    倚天2开服一条龙制作64uv.comQQ1292124634

    绝对女神sf服务端_传说OLsf服务端_刀剑sf服务端_弹弹堂sf服务端_科洛斯sf服务端烈焰开区一条龙服务端a3sf.comQQ1285574370

thailandturdk へ返信する コメントをキャンセル

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。