国内毛皮産業の廃止を
1.jpg
2.png

外来生物法に違反するとどうなるの?

日本の貴重な自然が、毛皮業者が逃した外来生物により、壊されていっています。
この違法なミンクファームがある新潟県には、おこじょやイタチなどがいますが、アメリカミンクに取って代わられてしまいます。
さらに、アメリカミンク自身も、人間によって殺されてしまいます。(税金で捕獲・殺処分が行われます。すでに北海道や福島県などでは税金をかけて殺処分が行われています。)
生態系、自然は、国民全員の貴重な宝物です。一業者の利益のために、現在それが壊されていっています。
みんなに関係がある、取り返しの付かない罪なのです。

外来生物法(特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律)ってどんな法律?

外来生物法には、特定外来生物という最も生態系の破壊が危惧される動物が指定されています。アメリカミンク、タイワンザル、ブラックバスなどが指定されていますが、これらの動物は厳しい規制がかかっています。
  • 飼育していけない
  • 移動してはいけない
  • 生業や展示、学術目的と認められる場合は、環境省の基準に沿った施設を用意し、許可を得無くてはならない
  • 生業では新たに飼育を開始することは出来ない
icon_3.gif環境省の特設ページヘ

飼育許可を得るための基準ってどのようなものなの?

icon_3.gif環境省の施設の基準を御覧ください。 全ての飼育する動物に個体識別(マイクロチップ)を埋め込まなくてはなりません
なお、私達はこの業者から逃げ出したアメリカミンクが、飛び跳ねたり、網を1m以上よじ登ったりするのを目撃していますので、施錠に動物が触れられないようにするためには工夫が必要です。

違反してても飼育が続けられるの?

社会常識的にも、法律の主旨に照らし合わせても、あってはならないことです。
しかし、現在、違法状態のまま、8年近く飼育が続けられています。(業者が外来生物法を認知してからは1年8ヶ月(2014年8月現在)違法のまま飼育を継続)
ぜひ環境省にお確かめ下さい。

壊された生態系はどうなるの?

残念ながら、一度破壊された生態系が元に戻ることはありません。防除(殺処分)で取り切ることは、閉鎖空間でない限り、不可能でしょう。
私達人間は、自然を支配することは出来ません。解決方法を見出すことができていないのです。
違法施設での、即時飼養中止命令を求める署名に賛同する


5.png

どんな施設なの?

  • 2,500頭ほどいる大規模なミンク農場です。(600頭ほどを繁殖用とし、毎年1500~2000頭ほどを殺し、毛皮として販売していると思われます)
  • ​現状の飼育施設環境では、外来生物法に関する申請をしても、承認される施設ではありません(環境省が視察及び指導を行っている最中)。
  • ミンクや施設の管理が劣悪で、ミンクは水すら飲めていない。icon_3.gif詳細はこちら

問題点

  • 外来生物法に関わる許可を受けずに飼育を8年以上続けている。
  • 告発後1年7ヶ月、違法状態のままミンクを飼育している。
  • 外来生物法を知った後、警察の捜査中であった2013年春に、繁殖を行い、その年の冬には毛皮のために殺している。
  • 検察に送検中の2014年春に繁殖を行い、現在は約2000頭以上飼育している(推定)。
  • 2014年7月24日に1頭の白いミンクが脱走している(動画あり)。
  • 多くの飼育ケージが老朽化しており、穴のあいた箇所など即席で補修し使用している。
  • 施設周辺は田んぼや川が流れているため、ミンクが逃げた際、生息するには適している。
  • 既に北海道、福島県、長野県では、アメリカミンクが野生化し問題となっている。

補足:以前、こちらのオーナーが開設していたfacebookではミンクが逃げたときの捕まえ方を紹介していました。また長岡市動物愛護センターでも、過去市民の通報から捕獲した個体がアメリカミンクであったため、当該ミンクファームに問合せを行い、直接確認の上、返還したケースもあるとの事でした(この時は外来法制定前だった可能性があります)。

現在までの経緯

2004年 外来生物法が制定。それに伴う議論や報道が多くなされていた
2005年 外来生物法が施行
2006年 アメリカミンクが特定外来生物に指定される
2006年~現在 当該ミンクファームは許可を得ずにアメリカミンクを飼育繁殖しつづける
2011年11月30日 ミンクファーム従業員は自身のfacebookで、下記の内容を投稿(現在は削除されています)
「ドイツで逃げたミンクを捕獲する兵士。
私も脱走ミンクはこんな感じで捕まえます(笑)
妙な親近感☆」
(※注記※家の敷地内などではなく、無人であることが多いようですので、捕獲は不可能と思われます)
2012年9月~ 新潟県より動物の愛護及び管理に関する法律に基づく指導
2012年10月 アニマルライツセンターより環境省に違法状態を通報
2012年10~12月 環境省より連絡を受け、外来生物法について知る
2013年1月末 当該ミンクファームをアニマルライツセンターが告発
2013年春 飼育を続けていた大塚ミンクファームが再びアメリカミンクを繁殖させ、頭数を増やす
2013年5月 警察が違法状態を確認し、選択した10頭がアメリカミンクであることがわかる
2013年7月 逃亡防止策などをおこなっておらず、2012年時点からの改善が行われていないことをアニマルライツセンターが確認
2013年末 約1500頭を殺処分し毛皮として売ったと思われる※繁殖用の600頭が残る
2014年2月 当該ミンクファーム書類送検
2014年3月 逃亡防止策を行っていないことをアニマルライツセンターが確認
2014年7月24日 当該ミンクファームから白いミンクが1頭逃げ出しているところを確認
環境省に通報
2014年末 犯罪状態のまま飼育を続けているようです
※ARCからの問い合わせに対しては一切回答をしないとのことです
2015年 2006年からの9年の無許可飼育の咎めを受けることなく、環境省は、補修を終えた1棟に対し(※もともとは3棟あった)飼育許可を出し、飼育を継続

アメリカミンクが当該施設から逃走している現場に遭遇しました。

 
違法施設での、即時飼養中止命令を求める署名に賛同する

 
4.png
201408052009_1-400x251.jpgミンクは、金網のおりに閉じ込められています。
水受けは、藻がこびりつき、中には泥が溜まっています。私達が2012年に見た時は、水受けに水は入っていませんでした。
ホースは切れています。水受けの水は、満杯の時は内側からも飲むことが出来ますが、完全に満たされていなければ、内側からは届きません。
ホースで常に満杯にしておくように設計されていたのかもしれませんが、今では機能していません。(ホースの古さと切れた箇所を見るとそうとう昔からと機能していないと思われます)

ほこりや糞尿がこびりつき、ケージから垂れ下がっています。
ケージは錆びていて、今にも壊れそうです。実際に壊れて、ビニールを利用して補修している箇所もありました。また、底が抜けてしまった跡もあり、そのまま放置されていました。

2012年9月に見た時、ミンクは暑さに喘ぎ、右の写真のように、目を開けることもできず、荒い息をしていました。ケージの奥には倒れたまま全く動かないミンクも見受けられました。201408052009_2-400x0.jpg(ケージの奥なのではっきりとはわかりませんでしたが、私達の目には、息もしていないように見えました)
畜産施設などでは、屋外であっても扇風機が回っていたり、ミスト(殺菌のためも含む)がでて暑さを凌ぐ工夫がされていますが、この施設には暑さをしのげる工夫はありません。
ミンクは、ただ、倒れこみ、息を荒くし、私達に水を乞うているように水受けを舐めました。

ミンクの足元は、金網で出来ており、足が痛々しく見えました。

 
201408052009_3-400x0.jpg2014年3月に見た時は、複数のミンクがケージの中をグルグルと回り続けていました。
これは常同行動とよばれる、ストレスの高い状態で、精神的に異常をきたしていしまったことを示しています。

本来単独で行動するミンクですが、一つの小さなケージにはそれぞれ4頭ほどが入れられていました。奥に木で出来た巣箱があるようですが、この4頭全員が入れる大きさではないように見えました。
 
 
違法施設での、即時飼養中止命令を求める署名に賛同する

 
3.png
すでに日本の自然を破壊してきた責任は重いにもかかわらず、毛皮業者は、現在もこの破壊に加担しています。

違法施設で作られた毛皮を買う業者がいる

この違法施設のミンクファームで違法に飼育されたミンクの毛皮を、購入し続けている毛皮業者がいます。
違法に作られたことを知った上で購入することは、倫理的に許されるのでしょうか?

さらに、販売先があるからこそ、このミンクファームは違法であってもお金を儲けたいと違法行為を継続しているのです。
購入する人の責任も重いものです。

毛皮業界に生態系を守る責任はないの?

事実、日本で税金を使って殺処分され続けているアメリカミンクは、かつての毛皮業者から逃げ出したミンクが野生化したものです。
そしてさらに、現在でもこのミンクファームからアメリカミンクが逃げ出しているのです。
この業者と電話で話をした際には、「毛皮協会に相談している」ということを強調していました。

なお、アメリカミンクが特定外生物になった検討会でも、毛皮協会が意見をのべており、この外来生物法の主旨も重要性も知っていたはずです。このミンクファームは毛皮協会に相談をしていると述べていますが、毛皮協会は2006年に法律が施行された際に、この業者になんの通知もしていなかったということに成ります。

生業を営むにあたり、法令の順守は当然のことです。
さらには、国民の貴重な財産である自然を守っていくことも、当然のことではないでしょうか?

署名にご協力下さい ※終了しました

環境省は、違法なミンクファームに対し、使用中止の命令を出すことが可能であるにもかかわらず、1年半以上、放置し、実際にアメリカミンクを逸走させてしまいました。
逸走し野生化すれば、アメリカミンクは今後半永久的に殺処分され続けるのです。

この施設の業務停止(飼養の中止)命令を早急に出すよう、環境省に要望する署名 ※終了しました
 
違法施設での、即時飼養中止命令を求める署名に賛同する

 

managed by RCMS