オランダでミンク農場が禁止に!

2015/11/10

オランダ:2015年11月10日
今朝、オランダ法廷は、政府の訴えについての最終的な決定をオランダのミンク飼育者に対して発表しました。
Fur Free Alliance(毛皮に反対する国際連合)とオランダの構成団体であるBont voor Dierenは、今日の勝った判決によってオランダの600万匹のミンクを救われることに、大きく安堵しました。
一般市民は、ミンク養殖業者の一部のグループの経済的な関心より、一般市民の関心の重さをを勘案して、裁判官は結論をだしました。
オランダの毛皮産業が2024年に終わることを、判決は意味します:
ミンク養殖の禁止は、効力を発揮します。

オランダの動物保護団体Bont voor DierenのNicole van Gemertは

Bont voor Dierenはオランダのミンク養殖業者との戦いを続けてきました。私たちは昨年ミンク禁止法が覆される※という大きな後退に耐えなければならなかったのです。しかし、忍耐が獲物を落とす:ミンク禁止法が戻ってきただけれなく、ミンク養殖場がこの1年で行ってきた全ての拡張が違法になるのです。


Bont voor Dierenは、毛皮農場のミンクのコンディションの無残さを明らかにしてきました。集中的なキャンペーンをこなった長い期間は、アニマルライツに素晴らしい勝利にをもたらしました。

オランダのミンク養殖農家にとって、2013年に施行された禁止以降に行ったすべての農場の拡大が直ちに違法になることを、今回の判決は意味します。
Van Gemertは、

「来年はたくさんやることが残っている。オランダのミンク養殖農場のすべての拡張の法的手続きは、最新のリストに載っています。ミンク養殖農家がシャットアウトしても、私たちはオランダの毛皮農場における何百ものミンクの命に対する残酷な真実を暴くことを止めません。」


※オランダは、世界で4番目に大きなミンクの毛皮の生産国で、年間約600万頭も犠牲にしてきました。2012年には、オランダ議会は、倫理的根拠に基づき、ミンク養殖の禁止を支持し可決をしました。ミンク養殖農家には12年の移行期間が与えられました。2014年、ミンク養殖農家に支給される補償が不十分であるとしてミンク養殖禁止法を、オランダの法廷はひっくり返しました。しかし、11/10の最終的な判決により、ミンク養殖業は、2024年に終演を迎えることに成ります。 
 
オランダ語の完全な法律はこちら  (http://uitspraken.rechtspraak.nl/inziendocument?id=ECLI:NL:GHDHA:2015:3025&keyword=nertsen)
 

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
毛皮をなくすための運動の継続と、運動をさらに大きくするため、資金の援助をお願いします。

会員に登録する
メンバーになり一緒に活動してください!

真実を知る

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube

managed by RCMS